アクセス解析について

ホームページの「正しいアクセス解析」していますか?

そもそもアクセス解析ってなに?

私達がホームページを制作する時【集患をしたい】【自費の患者様を集めたい】【採用をしたい】など様々ご要望をいただいて、制作させていただくのですが、制作後すぐに完璧なホームページになることは、非常に困難です。 そこで、最初制作する時の要望を達成するために、実際にアクセスしてきているユーザーの状況を分析し、サイトの改善を行う必要があります。 これを「アクセス解析」と呼びます。

正しいアクセス解析ってなに?

先程説明したアクセス解析を行っている業者さんは、最近増えています。そのおかげもあってか、以前よりも歯科のホームページのレベルは格段に向上しています。 一方で、「SEO」や「アクセス状況(直帰率や離脱率)」には目を向けるものの、「CV数(問い合わせ数)」を正確に計測出来ている医院様が非常に少ないな・・・と感じます。 正しいアクセス解析は、この“CV数”を計測し、“CV率(問い合わせ率)”を計算することで、ホームページがどのような効果を発揮しているかを正確に計測することです。 ※CV率の計算式:CV率=CV数/PV数 ※歯科ラボはフリーダイヤルを用いて、コール数の計測をします。 ※詳しくは、実績紹介を御覧ください。
http://shika-lab.jp/cases

歯科ラボが行うアクセス解析とは?

問い合わせ数を正確に計測します。

正確な問い合わせ数を把握するためにも、歯科ラボでは「初診専用ダイヤル」を設置します。大手ポータルサイトのように、初診専用ダイヤルを設置することにより、ホームページから患者様がお問い合わせしてきたことがわかります。

Google Analyticsでユーザー行動を分析します。

Google Analyticsでは主にユーザー行動を分析します。行動フロー上、どれだけコンテンツが読まれてて、どれだけ直帰や離脱があるのか、そしてどれだけ電話タップやメールの問い合わせが送信されているのかを分析することで、コンテンツの問題なのか?それとも導線設計の問題なのかの課題を明確します。 SearchConsoleでホームページ内部の分析を行います。 ホームページの土台と外部からの評価、クローラーの回遊頻度などを分析し、課題点を明確にします。

改善策をご提案します。

アクセス解析で明確化した課題をどのように改善するべきかを資料に纏めてご提案します。それぞれの課題に優先順位を付けて、最も改善するべき点から順次改善をしていきます。

アクセス解析には継続性が必要です。

継続することの重要性

ホームページは、一度改善されたからといって放置してしまうと、 いずれまた課題が浮き彫りになります。他医院もホームページで効果をあげようと一生懸命改善を行うでしょうから、放置すれば放置するだけ、新しい施策を行った医院や目新しい医院に患者様は流れてしまいます。 それだけでなく、SEOの根本であるGoogleも常にアルゴリズムのアップデートを行っており、継続的にアクセス解析をしないと、そのアルゴリズムのアップデートに対応出来なくなってしまいます。 継続的にアクセス解析を行うことは、ホームページの効果を維持・向上させるだけでなく、Googleへの対策としても重要なファクターになります。

最後に

アクセス解析は、ホームページの効果を維持・向上させるために有効な手段です。ホームページの効果に疑問を持たれている方や、中々改善されていない方など、どうぞお気軽にご相談ください。 ※無料解析サービスを行っておりますので、是非ご活用ください。
http://shika-lab.jp/analysis

歯科ラボおすすめコンテンツ

お電話でのお問い合わせはこちらです
TEL. 03-6452-8975
営業時間:平日10:00〜19:00

HP無料解析について
歯科ラボ