歯科ラボ ブログ

ホームページ

2016年1月15日

ブログの文章に技術も才能も必要ない!アナタがきっと勘違いしている良い文章を書くポイント。


こんにちは。歯科ラボにてコンテンツや記事の制作を担当しております内田と申します。今回は上手な文章の書き方について解説したいと思います。
近年ブログやHPなどで医院の情報を発信している歯科関係者の方が非常に増えております。そういった方々の中から非常に多くいただくご相談が“うまい文章の書き方”です。そこで今回は誰でも今からうまくなるブログでうまい文章を書くコツをお伝えいたします。

 

そもそもうまい文章って何?

よく、うまい文章という言葉を聞くと、“小説家”のような文章を想像される方がいます。そんな才能を持っていないから私は書けない・・・。とあきらめないで下さい。うまい文章は誰にでも書くことができるのです。なぜかと言うと、ブログやWebでのうまい文章とは「読みやすく整理された文章」だからです。

では、どうすれば読みやすく整理された文章を書くことが出来るのでしょうか。じつは非常に簡単に誰でも読みやすい文章が書ける方法があるのです。

読みやすい文章をかく簡単な方法

読みやすい文章を書くポイントは3つです。これに才能はいりません。

文才は必要ない。ひたすら推敲すべき

読みやすい文章を書く人間は、実は推敲に時間をかけています。村上春樹さんも初稿は非常に粗いことで有名です。最初は別に粗くてもいいのです。そこから仕上げていくことが大切です。

粗いものでいいので書くことが大切

最初から完璧を狙う必要はありません。むしろそれは無理です。ですので、最初はまず手を動かすことが何よりも大切。手が止まってしまった時こそ書くのです。書いていくうちに不思議なもので全体が見えてきます。

文章が書けなくなったら初めから読んでみる

ひたすら書けと言われてもペンが止まることもあります。その時は一度頭から文章を読むことをオススメします。頭から読んでいくうちに不思議ですが次に何を書いたらいいのかが見えてきます。
最後にうまい文章を書くコツをまとめます。

①推敲に力を入れることが大切
②粗いものでいいからまずは書くこと
③書けなくなったら冒頭から読みなおしてみること
ライティングは才能ではありません。これはどれだけ手を動かしたかです。その差があなたを巧みな文章家に育てるのです。

歯科ラボおすすめコンテンツ

お電話でのお問い合わせはこちらです
TEL. 03-6452-8975
営業時間:平日10:00〜19:00

HP無料解析について
歯科ラボ