bool(true)

鶴木クリニック医科・歯科様(千葉・市原市)の制作実績

2016.11.07

鶴木クリニック医科・歯科

課題~良質な情報が、適切に伝わっていない~

千葉は市川市にあるJR本八幡駅南口から徒歩3分にある、鶴木クリニック医科・歯科様。
30年間、顔面顎矯正を行い、治療人数は5,000人を超える歴史のある医院です。

医院の歴史が長く、治療人数が増えると、多くの経験や症例が蓄積されていきます。
その蓄積されたノウハウや改善例は、整理整頓されないまま、ホームページにアップされていきます。

折角蓄積した情報が飽和してしまい、治療を求めていらっしゃる患者様が情報を収集しにくい状態になってしまい、ホームページからの集患が右肩下がりになってしまいました。

紹介が多い医院ですので、ホームページに力を入れなくても良いのではないか?というお考えもあったのですが、これほど豊富な情報をそのままにしておくにはもったいないという事で、ホームページをリニューアルするご決断をされました。

施策~「サイトの構造化と情報の交通整理」で、「スモールワードSEOとユーザビリティを強化」~

キーワード調査・URLの設計・サイトマップの作成を行い、サイトを構造化しました。
サイトを構造化した後は、蓄積された情報すべてに対して、タイトル、h1、ディスクリプション、メタキーワードを設定し、コンテンツを収納しました。

顎変形症やオトガイ形成、受け口、顎顔面矯正など、ターゲットは明確でしたので、
「医科・歯科のダブルライセンス」という特殊な先生の特徴を前面に押し出し、“本気で治したい人”に対して訴求をしていくことで、医院がある千葉や関東だけでなく、全国から患者様を獲得できるように「スモールワード戦略」を行い、トップページではなくあえて下層ページの診療ページへ直接飛ばすことにより、トップページから情報を探さなければならないというひと手間を減らすことを理想としました。

結果~顎変形症やオトガイ形成、受け口などのスモールワード戦略がヒット。~

スモールワード戦略を行ったことにより、症状名でのアクセスが圧倒的に増えました。
広告は1円もかけていませんが、アクセスはリニューアル前を遥かに超え、全国から患者様が鶴木クリニック医科・歯科を求めて来院されるようになりました。

また、サイトを構造化することでサイトからの離脱率が低下し、汲まなく情報を収集してくださり、サイト自体を来院した患者様から褒められたとのお言葉をいただけました。
今後は、新たな症例の追加や写真などのマイナーチェンジを繰り返しながら、スモールワードでの検索流入を維持・向上させ、視覚的要素の更新で見た目の停滞をしないように気を配ってまいります。

歯科ラボ