bool(true)

西永福歯科/西早稲田駅前歯科矯正歯科様の制作実績

2015.06.16

西永福歯科/西早稲田駅前歯科矯正歯科様(東京・西永福・早稲田)

既にある強みを最大限引き出し、圧倒的な競合優位性を確立する

  • ホームページ制作
  • ライティング
  • ウェブマーケティング
  • 運用コンサルティング

課題~ホームページの本質を突き詰めれば、”さらにその上”が見えてくる~

「今の業者の対応が遅いから、ホームページを他社に任せたい」
それがお打合せの最初に院長の山口先生にいただいた言葉でした。

西永福歯科は、日本でも有数の平均沿線世帯所得の高さを誇る井の頭線の西永福駅から徒歩5分の立地にあります。

自費のドッグスベストセメントを「抜かない・痛くない・削らない」のキャッチコピーとともに打ち出しており、その戦略がマーケットにマッチし、好調な集客を続けていました。

結果だけ見ると集客はうまくいっており、費用対効果で見ても申し分ないホームページ。
あとはいかにホームページにかかる工数を削減するか、というのが顕在的な課題でした。

ところが、お話をいただいてから私どもで分析をしていくと、徐々に潜在的な課題が明らかになってきたのです。

「これじゃ”伝わらない”」それが率直な感想でした。

ホームページの本質的な役割は、”患者様に医院のことを伝える”ことであり、集客はあくまでも付随的な効果です。
以前のホームページは、とにかく莫大な情報量が煩雑に詰め込まれている状態でした。また、下層ページのほとんどは他医院のホームページから引用したいわゆる重複コンテンツで、先生の考え方や医院の方針が何も表現されていなかったのです。
これでは、西永福歯科がどういう医院なのかが伝わりません。

一方で、現状のホームページでもこれだけ集客出来ているのであれば、医院のポテンシャルを引き出し、しっかりと”伝わる”ホームページにすることで、さらに上が目指せると確信したのです。

そして提案は、”伝わる”ホームページにすべく、打ち出していくべき医院の強みを3つに絞るところからはじまりました。

施策~医院の潜在的ポテンシャルを引き出す~

どのような歯科医院さんにも、必ず強みはたくさんあります。大切なのは、どのような軸でその強みを見出し、打ち出していくかということです。

西永福歯科さんの場合は、「患者様の不安を解消する」という軸で強みを抽出していきました。

強み1. 「抜かない・痛くない・削らない」ドッグスベストセメント

患者様が歯科医院から疎遠になる理由の多くは、治療の痛みからくる恐怖心です。
これを解消したいというのは山口先生が開院以来ずっと貫いているテーマで、実際、リニューアル前からドッグスベストセメントによる治療をもとめて患者様が多数来院されており、マーケットとの親和性を鑑みても、このテーマは引き続き打ち出していくことにしました。

「抜かない・痛くない・削らない」をストレートにキャッチコピーにし、また院長挨拶や各診療ページも、このテーマを軸にオリジナルのコンテンツ制作を行いました。

強み2. スタッフの質の高さと雰囲気

私が西永福歯科さんにご訪問した際に、もっとも印象強かったのはスタッフの方々の存在感です。

スタッフの方々の応対の素晴らしさ、元気の良さ、緊張を和ませる笑顔、自主性、そしてなにより院長と他のドクターや歯科衛生士、受付までがみなフラットな関係性で仕事を楽しんでいる雰囲気が、他の医院にはないものを感じました。

スタッフの方々が仕事を楽しんでいるかどうかは、ご来院される患者様の精神面に大きな影響を与えます。
西永福のようなファミリー層が多いエリアでは、特にお子様は院内の雰囲気に強い影響を受けます。

アイキャッチ画像では敢えて院長を打ち出さずに、他のスタッフの方々の雰囲気がしっかりと伝わるお写真を反映させ、またホームページ内の随所にも同様にスタッフを打ち出すことで、院内の雰囲気やスタッフの方の存在感を訴求しました。

強み3. 第三者による情報発信

ホームページでどれだけいいことを書いても、それはあくまでも歯科医院側からの情報発信であり、歯科医院側からの情報発信である以上、その信頼性には限界があります。

西永福歯科さんは、以前から弊社のアンケートサービス「どくらぼ」をやっていただいており、第三者評価である患者様の声が多数集まっていました。

また、雑誌やTV等その他のメディアにも多数取り上げられていたので、医院以外から発信された西永福歯科さんに関する情報が豊富に揃っていました。

その強みをさらに強化して打ち出すべく、弊社で新たに動画を撮影し、その中に実際に通院していただいている患者様のインタビューを行い、それらをホームページ内の随所に反映させました。

歯科医院側からの情報発信は、先生のお考えや医院の方針を伝えていくうえで欠かせないものです。
ただ、第三者による当該医院の情報発信もホームページに盛り込んでいくことで、患者様の安心感や医院に対する信頼感をより盤石なものにすることが出来ます。

結果~飛躍、そして新たな一歩~

西永福歯科さんのホームページのリニューアル直後から、リニューアル前と比較して明確なデータの伸びを確認することが出来ました。

山口先生の追加のマーケティング投資もあり、リニューアル前は頭打ちかと思われたデータから、さらに2倍近く伸びています。
当初の山口先生の顕在的な課題であった業者の対応の早さに関しても大変満足していただいており、その後分院として展開された西早稲田駅前歯科矯正歯科さんのホームページ制作・運用もお任せいただきました。

西早稲田駅前歯科矯正歯科さんでは、西永福歯科さんの成功事例をモデルにホームページを制作、オープン半年で既に西永福歯科さんのデータを凌ぐほどの成長を見せています。

また、”伝わる”ホームページを制作した副次的な効果として、スタッフの採用が非常に順調だそうです。
オリジナルの文章や動画、写真などで働かれているスタッフの方の雰囲気や先生のお考えをしっかりと伝えることで、歯科医院でのお仕事を探されている方も安心してご応募いただけたのだとか。

引き続き精力的に分院展開を行っていくとおっしゃる山口先生、今後のご活躍が楽しみです。

歯科ラボ