bool(true)

医療法人希望会希望会様(埼玉・朝霞)の制作実績

2015.06.16

先生と一緒に成長するホームページ作成

  • ホームページ制作
  • ライティング
  • ウェブマーケティング
  • 運用コンサルティング

課題バラバラだった医院情報を一つに

東武東上線「朝霞駅」から徒歩15分ほどに位置する医療法人希望会さま。
この地域は基本的に生活が車中心です。また長く住まれている方も多く、高齢者も多い街です。

希望会さまでは、理事長の奥様が院長を務められている、「エスペレ歯科」と、山田敏秀理事長が担当される「ホープデンタルクリニック」が一つの建物で運営されていました。
エスペレ歯科では一般歯科全般を行い、ホープデンタルクリニックでは独自の咬合理論「BBO」を用いた専門的なかみ合わせ治療を行っていました。

ホームページは、エスペレ歯科とホープデンタルクリニックそれぞれで制作されていました。

ブログなどの更新作業は、山田理事長おひとりで何とか行っている状態でしたが、複数のサイトを更新していくのはとても大変で、なかなか更新ができない状況が続いていました。
なにより、一般歯科を行う医院と、噛み合わせ治療を行う医院とでは告知する内容も違い、情報の管理が大変煩雑になってしまいます。
そのため、医院で無料相談などの時間を設けても、ホームページで告知することができないこともありました。

また当時のホームページを制作した制作会社の対応が遅く、修正作業などがすばやく行われないことにも不満をもっていらっしゃいました。

多くの開業された先生に共通するかもしれませんが、歯科医師と院長、そしてホームページの管理者という三役を同時に成立させることは容易ではありません。
歯科医師としての向上、医院の運営が優先されて当然です。するとホームページの管理は優先順位として低くなってしまいます。
医療法人希望会さまでも、ホームページの管理まで思うように手が回っていない状況が続き、山田理事長は専門家による十分なサポートを求められていました。

施策~法人サイトに作り替え、サイト内でセグメント~

今回幸運だったのは、医院が同じ建物で運営されており、違うのは提供している治療だけだったことです。
立地としては全く同じなので、SEO的観点と情報管理のしやすさを考え、2つの医院の情報を一つのサイトにまとめるご提案をしました。

費用の面で考えても、2つのサイトを別々で運用するより、1サイトの中でまとめられるなら管理コストも抑えることができます。

ポイント1.総合的な写真の見直し

以前のホームページでは、院内の様子や人の動き・表情があまり伝わるお写真がありませんでした。
そもそもTOPページで医院とは無関係のイメージ画像を用いており、興味を持ってサイトに訪れた方に“最短でイメージを伝えることができない状態”だったのです。

そこで打ち合わせの段階から先生に十分にお時間をいただき、会話をしながら撮影を行いました。
合計で300枚ほどの写真を撮影しました。撮影の合間での会話では、先生が本当は言いたかったこと、本当は打ち出したかったことなどが少しずつわかり、伴って撮影する画像も増えていきました。

ポイント2.これまでのユーザーに対する配慮

今回の制作では2つのサイトを一つにまとめることになり、新規にドメインを取得しての制作となりました。
しかし、これまでのサイトにもユーザーはいらっしゃいます。
新しいホームページには、これまでのユーザーも今まで通り使える設計が必要でした。

コンセプトの違う2つの医院の情報を、一つのサイトにまとめると、通常は情報が多くなりすぎてしまい、ユーザーは目的の情報を見つけることができなくなり、揚句サイトから出て行ってしまいます。(離脱)

そこで内容が変化する治療項目や噛み合わせに関するコンテンツに関してのみ、医院ごとにまとめるよう、サイトマップを設計いたしました。
TOPページの目立つ箇所にそれぞれの医院情報へリンクするアイコンを配置し、エスペレ歯科には奥様のお写真を、ホープデンタルクリニックには山田理事長のお写真を使用しました。
各医院の情報をサイト内で明確にセグメントし、コンセプトやアクセスなど、共通して表現できることは法人としてコンテンツ化しました。

また、サイト内のすべての個所で、どちらの医院の情報なのか分かるように、それぞれの医院のイメージカラーを用いました。
オリジナルページもカスタマイズし、お問い合わせの際にどちらの医院への問い合わせなのかもチェック形式で選択できる使用にしました。
スマートフォンユーザーも獲得していくためにレスポンシブでサイトを制作し、各画像には可能な限りリンクを付けました。

ポイント3.これまでのドメインの力も引き継いで

エスペレ歯科でもホープデンタルクリニックでも、ドメインを取得してからペナルティを受けずにきちんと運用してきたという実績がありました。
また過去のドメインをブックマークされていたり、スマートフォンにアイコン登録をしている方もいらっしゃったかもしれません。
ある日突然、今までアクセスできていたサイトへ行けなくなってしまっては、既存ユーザーの一部が離れて行ってしまう要因の一つとなります。

そこで今回は、エスペレ歯科とホープデンタルクリニックのこれまでのドメインを、どちらも新規取得したドメインに“301リダイレクト処理”を施し、過去のドメインにアクセスした方も、不自由なく新しいサイトにアクセスできるようにしました。
TOPページに医院名を大きく打ち出すことで、リダイレクトされたユーザーが誤って直帰しないよう、デザイン面でも慎重に検討を重ねました。

結果~電話でのお問い合わせが増加し、更新も気軽に!~

公開して1か月の間に、これまでホームページ経由の新規お問い合わせが月に1件あるかどうかの状況でしたが、早くも数件のお問い合わせが発生しています。
まだリリースしたばかりですので、データ解析を継続しますが、サイト内の導線をクリアにしたことがお問い合わせのしやすさを生み、駆け出しながら改善を感じていただける結果が生まれたのだと思います。

今後は先生と協力し、先生の書きたい・伝えたい情報を、伝わるコンテンツになるコツやアドバイスを提供しながら、継続的な改善提案を行っていきます。
定期的に“確実に”訪問する弊社のスタイルにもご納得いただけており、改めて「作って終わりにしないことの大切さ」を認識いたしました。

歯科ラボ