実績

  • 2016.07.11
  • テイスト・タイプ:ポップ・楽しい

なかむら歯科 様の製作・運用実績

https://hifumikai.jp/

注目してほしい診療科目のページが読まれていない

なかむら歯科様は最新の入れ歯と言われている、コンフォートを取り扱っていることをホームページで周知したいと希望されていました。
しかしホームページ内で最もよく見られているページは親知らずのページ・・・。
実は2021年頃までは、なかむら歯科様のホームページにアクセスされるキーワードのほとんどが「親知らず」に関連するものでした。

「親知らず ストレス」や「親知らず 歯茎がかぶっている」のようなキーワードでの検索順位が高く、千葉市だけではなくて東京や横浜などの遠方のユーザーからのアクセスが非常に多い状態でした。もちろんこちらでは親知らずの抜歯を行っていますが、複雑な症例は大学病院を紹介する方針ですので、親知らずを抜きたくて遠方からわざわざ訪ねてくる患者さんのニーズとギャップがありました。
(そもそも一般的な親知らずの抜歯であれば既に通っている歯科医院で対応できることが多いので・・)

コンフォートの診療ページを増設!

そこで、コンフォートに関する情報を増やし、「コンフォートを求めているユーザーはどんなキーワードで検索をするのか」をもとにしてキーワード調査と選定を行い、コンテンツを企画しました。

コンフォートを紹介する歯科医院様はたくさんありますが、どのホームページの説明文も似たり寄ったりでした。
いかに、なかむら歯科としてのオリジナリティを表現するか、を考えて構成するのが難しかったのを憶えています。

コンテンツを追加したものの、なかなか結果が出ず・・

ようやくコンフォートのページを3ページ追加でき、結果が出るのを待っていましたが・・数か月間はほとんどコンフォート関係の流入が見られませんでした。
キーワードの検索ボリューム自体はそれなりにあるのに、アクセスが無い。その原因はSEOが低いことにありました。せっかくコンテンツを作っても検索結果に出てこなければ誰にも見つけてもらえません。どうしてSEOが低いままなのか。改めてホームページ内を調査いたしました。

原因発覚!重複コンテンツの存在

なかむら歯科様のある診療ページ内に、数百文字ですが重複コンテンツがありました。なかむら歯科様のホームページ制作当時は厳しいスケジュールの中で進められ、診療ページを執筆するための時間的余裕がありませんでした。そのため、治療の一般的な説明文は他のホームページの内容を少し変えて掲載していました。2016年頃は重複コンテンツ自体はさほど問題になっていなかったのですが、2018年のGoogleコアアルゴリズムのアップデートにより、検索順位が上がりにくい状態が続いてしまっていたことが分かりました。

中村先生に事情を説明させていただき、合意を頂いた上で該当箇所のリライトをさせていただきました。

ついにコンフォートで新患が!

それから半年。コンフォート関係のキーワードのSEOが上昇していき、徐々にですがアクセスも増えてきました。

そしてついにコンフォートの話が聞きたいと問い合わせてくるユーザーが現れ、その数も増えてきました!中村先生もご実感いただいているとのことでした。

「痛くない入れ歯が欲しい・・」とお困りの方に必要な情報が届き、適切な医療が受けられる。このようにユーザーと歯科医院様を繋ぐお手伝いができて、弊社としては嬉しい限りです。

コンフォートをメインに、次は別の診療科目に注力!

中村先生には他にも強みとしている診療がありますので、今度はそちらをホームページでアピールしていきたいと思っています。
2023年はコンフォートともう1つの診療の2軸で集患を目指していきます。

この担当者の実積

きくち歯科クリニック 様

高岡歯科医院 様